買っているの「永代使用権」

よく「お墓を買った」とか、「買ったお墓を、使わなくなったから売りたい」という声を聞きます。
しかし、みなさんが買ったと思っているお墓、実は買っているのは、所有権ではなく「使用権」です。

お墓を手に入れたと思っている人が多いようですが、持っているのはその場所にお墓を建てる権利であり、永代にわたって利用しても良いという権利です。
つまり、正確にいえば、そこの土地を手に入れたわけではありません。

お墓は通常、年間の管理料がかかります。仮にその費用を払わないとどうなるか?

当然、お墓は取り上げられてしまいます。
おそらくどの契約書にも書いてありますので、一度確認してみてください。

お墓の大元の管理者(お寺や市、霊園会社)には、お墓の使用者が管理料を払わなくなった場合、墓石を撤去し、再度売りに出す権利があります。
ですから、永代に続くお墓の権利を買ったとしても、それを管理する人が途絶えてしまえば、お墓がなくなることになります。
そのため今では家のお墓を引き払って、「永代供養墓」にうつる人も増えております。

もちろん、1年、2年支払いが滞ったとして、すぐに更地にされえてしまうことはほとんどないですから、過度に心配する必要はありませんが、あくまでお墓は借りているという認識は忘れないようにした方がいいですね。


PR