群馬県でお墓を建てる

まずお墓を建てる場所には、大きくわけて3つの場所があります。
それは、「お寺」「公営」「民間」の3つの墓所です。
基本的には、この3つの墓所でしか、お墓をもてません(納骨はできません)。

それぞれの良い点・悪い点がありますので、注意する必要があります。それでは少しみてみましょう。

お寺

今でも一番多いのが、お寺に納骨するというかたちでしょう。

お寺さんの良いところは、いつでも供養とセットになっている点です。ですから、檀家さんはもちろん、信徒さんならば供養のためにはお寺のお墓を作るというのは正しい選択肢だと思います。
※檀家さん=お寺と檀家契約を結んでいる 信徒=その宗旨・宗派の信者さん

逆に言えば、仏教的な信仰がなければ、お寺に納骨する必要はありません。

※群馬県のお寺の一覧 → 納骨堂info 群馬県のお寺一覧


公営の霊園

これは多くは、市が運営しているお墓です。
宗旨・宗派はもちろん、宗教などの拘束がないので、どなたでも入ることができます。
※正確には、墓地は買っているのではなく、借りています。
→ 墓地そのものは買えません

ただ、そこの居住者であったり、遺骨がないと購入できない場合が多く、その安さから自然と人気もあり、必ずしも希望通りに入れるとは限りません。

→ 群馬県の公営墓地


民間の霊園

公営の霊園が人気があり、なかなか入れないため、民間業者の手掛ける霊園も増えてきました。
比較的空きがあるので、入るのに困難は伴いませんが、その分お値段が張ることが多いようです。

→ 群馬県の民間墓地

以下、簡単にまとめてある表を転載しておきます。必ずしも群馬県のお墓事情と重なるわけではないと思いますが、参考にしてください。

           
墓地・霊園 タイプ別の一般的な特徴
 タイプ   寺院墓地   公営霊園   民営霊園 
 費用   高め   安め   高め 
供給量 それほど多くない 首都圏では少ない  多い 
 場所  交通の便がよい 新規開発は郊外が多い 大規模開発は郊外が多い
 宗派  檀家に限られる
※最近は宗教不問もある
宗教不問 宗教不問
墓石の購入 門前の石材店指定が多い 石材店不問 石材店指定が多い
その他 宗派不問でも、法要は宗派にのっとる 原則、その地域の居住者。遺骨も必要 寺院所有の場合は、法要などは宗派にのっとる
生きているうちに決めておく寺・墓・葬式  より


PR